キャリアコンサルタント資格は登録制(5年更新)の名称独占資格とされ、登録より5年以内に知識講習8時間、技能講習30時間の講習を受けることが資格更新の条件になっています。詳細につきましては、こちらをご覧ください。

【知識講習(eラーニング)】
○本部主催  詳しくはこちら
※知識講習は本部のお申込み・受講料の納付になります。 “申込コース選択” のページの左上の選択肢を「本部」にしてお申込みください。

【技能講習(オンライン・会場研修)】
○名古屋会場  ➡  詳しくはコチラ
○静岡会場   ➡  詳しくはコチラ
○津会場    ➡  詳しくはコチラ
○金沢・富山・福井会場  ➡  詳しくはコチラ

キャリアコンサルタント更新講習 お申し込み時の留意事項 
  1. 受講当日に、国家資格キャリアコンサルタント登録証をご持参下さい。
  2. 申込前に必ず以下の3点をご確認下さい。

事例に学ぶ「メンタルヘルスの理解と対応」(技能講習)

CC
更新講習

キャリアコンサルティングの現場にもメンタルヘルスの問題を抱える相談者の割合が多くなっており、キャリアコンサルタントにも適切な対応能力が求められている。本講習では、メンタルヘルス関連の諸制度・支援および精神疾患等を理解するとともに、事例にもとづくロールプレイにより、メンタルヘルスの見立てやキャリア発達の課題の把握、キャリアコンサルタントとしての対応について、体験的に理解意を深め実践的なスキルを身につける必要な対応力・実践力を習得することを目指します。

開催日:2024年07月20日 (土) 詳しくはこちら

事例に学ぶ学生へのキャリアコンサルティング基礎編 (技能講習)

CC
更新講習

学生へのキャリアコンサルティングは単なる就職支援にとどまらず、年代ごとのキャリア教育やキャリアデザインの構築を支援する活動と言える。ここでは、各年代の学生へのキャリアコンサルティングにおける支援(姿勢とスキル)の特徴と留意点を、事例ワークやロールプレイを通じて身につけます。

開催日:2024年07月21日 (日) 詳しくはこちら

【オンライン】シニア層のキャリア支援~50代からのキャリアデザイン~(キャリアコンサルティング事例検討)(技能講習)

CC
更新講習

組織内のシニア層が経験する変化と精神的危機を理解した上で、50代以降のセカンドキャリアも見据えたキャリアをデザインできるような支援を考えていく。 事例検討によりシニア層におけるキャリア発達の課題や、環境変化による心理的側面への理解を深める。

開催日:2024年07月21日 (日) 詳しくはこちら

【オンライン】事例に学ぶ「発達障害の理解と対応」(技能講習)

CC
更新講習

近年、成人期に発達障害と診断されるケースが増えている。発達障害は、どこから「障害」となるかの判断が難しいと言われている。せいじんになつて、気づくケースの中には、その特性が成人になるまでは問題が顕在化せず、大きなライフイベントを契機に適応がうまくいかなくなり、明らかになってくるケースがある。本講座では発達障害と支援への理解をふかめ、キャリアコンサルティングの現場で活用できることを目指します。

開催日:2024年07月27日 (土) 詳しくはこちら

【オンライン】キャリアコンサルタント更新講習 技能講習 キャリアコンサルティングの実践的事例検討「キャリアチェンジ

CC
更新講習

キャリアチェンジ(主に転職・再就職のケース)を対象としたキャリアコンサルティングの場面での事例を検討することにより、キャリアチェンジの抱える課題を理解し、キャリアコンサルティングの専門家にふさわしい見識と実践的な力を身につけます。グループワーク形式で事例を使い検討とロールプレイを行うことにより、キャリアチェンジにおけるキャリア発達の課題やプロセス、キャリアコンサルタントの対応・立場などについての視点を深めます。 みなし研修対象講座のため、6時間ー5ポイントがつきます。

開催日:2024年07月28日 (日) 詳しくはこちら